’さかえ歯科クリニック歯科ブログ’ category

歯周組織の生体力が低下するリスクが高い方とは? 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-24

清掃が困難な口腔環境の方

・むし歯・歯周病に罹患している

・歯列不正

・(不適合・セラミック以外)補綴物が多い

ストレスを感じている方

・精神緊張・心労

運動・睡眠不足

タバコを吸われている

・1日の本数が多い

・喫煙年数が多い

不規則な食生活をしている方

・外食・偏食が多い

疾患がある方

・糖尿病・骨粗鬆病

薬を服用されている方

・薬の副作用

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

食べる時間に気をつける 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-24

普段の口の中はPH7(中性)に近い弱酸性ですが、食べ物で酸性に

なりはじめます。

PH5,5以下の酸性になると脱灰(歯の成分が溶け出すこと)が始まりま

す。

食後にはだ液の作用で中和されますが、もとの弱酸性に戻るには、5

0分ほどかかります。

おやつなど食べる回数の多い『だらだら食べ』を続けていると、酸性の

状態が長く続き、むし歯になりやすくなります。

夜寝る前に歯をみがかない、哺乳瓶でジュース、ミルクや母乳を夜間

に飲むことも脱灰の時間を長くしてしまいます。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

むし歯をつくりやすいおやつ

2017-01-16

・砂糖がたくさん入っている食べ物

砂糖入りガム・チョコレート・ラムネ・アイスクリーム

・粘着性のある食べ物

キャラメル・ソフトキャンディー

・口の中にとどまりやすい食べ物

アメ・クッキー・ケーキ・スナック菓子

・味を長く楽しむ食べ物

チューブ入りアイス・棒付キャンディー

・歯を溶かす酸性の飲み物

ジュース・乳幼児用電解質飲料

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

インプラント治療と糖尿病 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-12

インプラント治療は顕著に咀嚼能力を向上させるため、糖尿病などの

代謝性疾患に対するきわめて初動的な領域を担っています。

数値管理された保健指導との組み合わせで糖質代謝・体組成の改

善が可能になります。

このことから、インプラントは贅沢品ではなく、最優先医療ともいえま

す。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

歯周病が持続性炎症と血管病であるということ・・・ 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-11

28本の歯の全周に約5mmの歯周ポケットがあると、これは72cmの名

刺サイズの潰瘍面となり、日々細菌や内毒素など炎症性物質が血管

系の中に入り続けて歯原性菌血症が起こります。

その結果慢性持続性炎症が生じ、腫れた歯肉から出る炎症性物質

が血糖値を制御するインスリンの働きを阻害するので、糖質代謝に悪

影響を与えます。

また、数年にわたって血管壁を傷つけ、アテロームというコブが作ら

れ、血管が狭くなり、動脈硬化の原因にもなります。

歯周病・インプラント周囲炎予防は、抗加齢の実践であり、血管を守

る予防行動ともいえます。

このことから、お口の中を清潔に保つこと生涯にわたって咬む機能を

失わないことが大切です。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

歯を失うということ 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-10

奥歯を失うことで、軟性食材である糖質(炭水化物:米・パン・麺類)の

過剰摂取となり、低咀嚼による飲み込み・食後高血糖・カロリーオー

バーによるメタボやたんぱく質・ビタミン不足などの低栄養につながっ

ていたのです。

さらに、たんぱく質低栄養による、骨格筋減少症(サルコペニア)・身

体能力低下につながり、高齢者では寝たきりの初期要因につながる

といわれています。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

キシリトールガムの有効性 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-06

ロッテと大学による共同研究により、キシリトール配合ガムを咬むこと

でだ液の分泌が促進すると結論付けられました。

このととより、口腔清掃困難時に有効であることが証明されつつありま

す。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

むし歯の恐ろしさ 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2016-12-24

一般的に、むし歯は痛みが出てから歯科医院へ行かれる方が多い

ですが、痛みがなくても歯科を受診されるのが、賢い歯科医院との

付き合い方です。

なぜならば、歯の神経を取っている・神経が死んでいる場合などがあ

るためです。(センサーが働かないので、痛みが出ない・・・)

もう一つ注意しなければいけないのは、むし歯であっても、痛みが出

なく気がついた時にはかなり進行してしまっている場合もあるからで

す。

また、むし歯も歯周病と同じく細菌感染症ですので、全身への影響を

考慮して下さい。(他の病気を引き起こしてしまう・・・)

ですので、必ず歯科医院での定期的検診を受診されて下さい。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

 


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

歯周病の恐ろしさ 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2016-12-18

歯周病はある程度進行するまで自覚症状が出にくい為に放置されや

すい傾向にあります。

自覚した時には、重度(抜歯になる可能性あり)に至っている場合が

多々見受けられます。

また、歯周病菌が全身(心臓・脳・肺・妊婦・ガン・他)へも悪影響があ

るとの報告がでています。(歯周病は細菌感染症です。)

ですので、さかえ歯科クリニックでは、早めの定期検診(約4ヶ月おき

位)をおすすめ致します。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

お口の成長記録(8ヶ月~11歳位まで) 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2016-11-18

・8ヶ月

そろそろ前歯が生えてきました。

歯みがきの開始の準備をしましょう。

赤ちゃんが自分で歯ブラシなどをカミカミして遊んだあとは、お口に

触れられるのに慣らすために、ぬれたガーゼや綿棒で歯を拭いて

あげます。

・1歳

1歳過ぎには上下8本の前歯がそろい、かみ切れるようになります。

ある程度の大きさの食べ物を手づかみやスプーンで、自分で口に

入れて前歯でかみ切れることを繰り返し、くわえる感覚や、食べられ

るかたさや量を覚えます。

そろそろ卒乳の準備ですね。

・1歳半

手前の奥歯(第一乳臼歯)が生え、歯は12本に。

上下の奥歯がそろったら、いよいよ咬み合わせができるようになりま

す。

・2歳

前歯と奥歯の間に乳犬歯が生え、上下合わせて16本そろいます。

この歯は先がとがっていて、薄切りの肉や鶏のささ身など少し硬いも

のでもかみ切って食べ、食事の幅がさらに広がります。

むし歯予防のためのフッ化物紙面塗布もできるようになってきます。

(ぶくぶくうがいができるようになってきましたらOKです。)

・3歳

3歳ごろには一番奥の乳歯(第二乳臼歯)が生え、乳歯20本が全

部そろいます。

大きくてしっかりした奥歯が生えるので、すりつぶす力がそなわり、

食べられるものの範囲がグンと広がります。

生えそろった乳歯を守るためには3~4か月ごとのフッ化物歯面塗

布が効果的です。

・6歳

6歳を過ぎると下の前歯が最初にグラグラしてきます。

次いで上の前歯、下の前歯の両わきの歯の順で乳歯が抜け、永久

歯に生えかわります。

また、一番奥の乳歯(第二乳臼歯)のさらに奥のスペースに永久歯の

最初の奥歯(第一大臼歯・6歳臼歯)が生えてくるのもこの頃です。

生涯にわたって使う、かみ合わせのカギとなる大事な歯です。

奥にあるため生えたことに気づきにくく、溝が複雑で歯みがきがしにく

いため、むし歯になりやすい歯です。

生えたばかりの効果の高いこの時期にフッ化物を上手に使いましょう。

・7歳~

こどもの歯から大人の歯に生えかわる大事な時期(約11歳位)で

す。

また、むし歯だけでなく歯並びにも気をつけましょう。

歯科医院での定期検診(約6ヶ月)を受診しましょう。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ