歯周組織の生体力が低下するリスクが高い方とは? 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-24

清掃が困難な口腔環境の方

・むし歯・歯周病に罹患している

・歯列不正

・(不適合・セラミック以外)補綴物が多い

ストレスを感じている方

・精神緊張・心労

運動・睡眠不足

タバコを吸われている

・1日の本数が多い

・喫煙年数が多い

不規則な食生活をしている方

・外食・偏食が多い

疾患がある方

・糖尿病・骨粗鬆病

薬を服用されている方

・薬の副作用

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

食べる時間に気をつける 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-24

普段の口の中はPH7(中性)に近い弱酸性ですが、食べ物で酸性に

なりはじめます。

PH5,5以下の酸性になると脱灰(歯の成分が溶け出すこと)が始まりま

す。

食後にはだ液の作用で中和されますが、もとの弱酸性に戻るには、5

0分ほどかかります。

おやつなど食べる回数の多い『だらだら食べ』を続けていると、酸性の

状態が長く続き、むし歯になりやすくなります。

夜寝る前に歯をみがかない、哺乳瓶でジュース、ミルクや母乳を夜間

に飲むことも脱灰の時間を長くしてしまいます。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

むし歯をつくりやすいおやつ

2017-01-16

・砂糖がたくさん入っている食べ物

砂糖入りガム・チョコレート・ラムネ・アイスクリーム

・粘着性のある食べ物

キャラメル・ソフトキャンディー

・口の中にとどまりやすい食べ物

アメ・クッキー・ケーキ・スナック菓子

・味を長く楽しむ食べ物

チューブ入りアイス・棒付キャンディー

・歯を溶かす酸性の飲み物

ジュース・乳幼児用電解質飲料

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

インプラント治療と糖尿病 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-12

インプラント治療は顕著に咀嚼能力を向上させるため、糖尿病などの

代謝性疾患に対するきわめて初動的な領域を担っています。

数値管理された保健指導との組み合わせで糖質代謝・体組成の改

善が可能になります。

このことから、インプラントは贅沢品ではなく、最優先医療ともいえま

す。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

歯周病が持続性炎症と血管病であるということ・・・ 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-11

28本の歯の全周に約5mmの歯周ポケットがあると、これは72cmの名

刺サイズの潰瘍面となり、日々細菌や内毒素など炎症性物質が血管

系の中に入り続けて歯原性菌血症が起こります。

その結果慢性持続性炎症が生じ、腫れた歯肉から出る炎症性物質

が血糖値を制御するインスリンの働きを阻害するので、糖質代謝に悪

影響を与えます。

また、数年にわたって血管壁を傷つけ、アテロームというコブが作ら

れ、血管が狭くなり、動脈硬化の原因にもなります。

歯周病・インプラント周囲炎予防は、抗加齢の実践であり、血管を守

る予防行動ともいえます。

このことから、お口の中を清潔に保つこと生涯にわたって咬む機能を

失わないことが大切です。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

歯を失うということ 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-10

奥歯を失うことで、軟性食材である糖質(炭水化物:米・パン・麺類)の

過剰摂取となり、低咀嚼による飲み込み・食後高血糖・カロリーオー

バーによるメタボやたんぱく質・ビタミン不足などの低栄養につながっ

ていたのです。

さらに、たんぱく質低栄養による、骨格筋減少症(サルコペニア)・身

体能力低下につながり、高齢者では寝たきりの初期要因につながる

といわれています。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ

キシリトールガムの有効性 川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック

2017-01-06

ロッテと大学による共同研究により、キシリトール配合ガムを咬むこと

でだ液の分泌が促進すると結論付けられました。

このととより、口腔清掃困難時に有効であることが証明されつつありま

す。

川口の歯科 歯医者 さかえ歯科クリニック


カテゴリー さかえ歯科クリニック歯科ブログ