小児歯科「さかえ歯科クリニック」

JR川口駅「東口」徒歩2分

048-240-2525にこにこ

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-4-18 コモディイイダ川口東口店1F

今すぐ簡単ネット予約

メイン画像

まずは歯医者に慣れてから
これが当院の基本方針です。
無理強いは致しません。
「歯医者」を好きになってもらう。
これが当院の目標です!!

お子様
虫歯・歯周病リスクチェック

キッズ歯科手帳「無料」進呈中!!

この手帳にお子様の治療内容・発育状態などを
記録し、私たちと親御さんで、
お子様の健やかなお口の成長を見守りましょう!

さかえ歯科の、こどもの治療に対する考え方

お子様にとって「歯医者さん」は怖いところかもしれません。
しかし、「怖い」「怖くない」は私達の対応次第だと考えます。

子供と大人を比べた場合、当然のことですが、感情・考え方・理解の仕方は異なります。
まず、それを理解した上で、どのようにすべきかを考える必要があります。
私達がお子様にしてあげられること。それをご紹介いたします。

取組み1まずは、歯医者の雰囲気に慣れてもらいます!

お子様自身の治療に対する「意思」を尊重します。

緊急を要する場合以外は、決してお子様を押さえつけて治療することは行いません。
例え、親御さんからの要望があったとしてもです。

嫌がるお子様の感情を無視して治療をしてしまうと「歯医者さんは怖い、痛い」というトラウマを植え付けてしまいます。こうなってしまうと歯医者嫌いのまま成長してしまい、虫歯になっても歯医者に行かない大人に成長してしまいます。お子様の将来を考えると何も良いことはありません。

お子様には「困難に打ち勝つ力が備わっています」

親御さんには、お子様が歯医者嫌いを克服していく姿を私たちと一緒に見守って頂きたいと思います。

集合

取組み2可能な限りの「痛みを抑えた治療」

痛いのが嫌なのは大人も子供も同じですよね。
特にお子様の場合、この「痛み」が歯医者嫌いになる主な原因となりますので、当院では次のステップを踏んで、可能な限りの痛みを抑えた治療を実施しています。

Step1表面麻酔

表面麻酔

事前に、注射する部分に麻酔液を塗ります。
これにより注射時の痛みを抑えます。

Step2「極細の針」を使用

極細の針

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは抑えられます。
当院では太さの細い針を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

Step3電動麻酔注射の利用

電動麻酔注射

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切となります。 そこで当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し痛みを抑える工夫をしております。また、ケースによっては手動の方がよい場合もありますので、「電動麻酔注射」と「手動」を併用しています。

取組み3DVD鑑賞・治療後のご褒美もあります!!

DVD

当院では治療中にアニメのDVDを見て頂くこともできます。
これはお子様に好評で、DVDに集中し、
「もう治療が終わったの?」「もう少しここにいたい!」など、嬉しい言葉を頂くこともあります。

また、治療を頑張ったお子様にはご褒美としておもちゃなどをお渡ししています。
これが楽しみにしているお子様もたくさんいらっしゃいます。

取組み4親御さんも一緒に学んで頂きます

当院では、小さいお子様にも「なぜ治療が必要になったのか」「何のために治療をする必要があるのか」などをしっかり説明しています。何も説明せず、治療に入ってしまうと、私達に対して「不信感」を持ち、治療に協力してもらえなくなりますし、何よりも「お子様との信頼関係の構築」のためにはこのようなコミュニケーションは必須と考えます。

提案

また、当然のことですが、親御さんにも、どのような治療をしたのか、今後はどのようなことに気を付ける必要があるのかもお伝えしています。

当院ではそれ以外にも「親御さんにも歯に関しての知識」をつけて頂くような取り組みを行っています。なぜならば、今の日本では、「歯」に関しての知識がまだまだ普及しておらず、そのことが原因で、様々な問題が生じる可能性が多々あるためです。

例えば、「大人の歯が生えてくるから、子供の歯は虫歯になっても大丈夫」。
このように思われている方も多いのではないでしょうか。

これは大きな間違いです。
乳歯には大きな2つの役割が与えられています。

1つは、次に生えてくる永久歯を適切な位置へ誘導する役割
生え換わる時期に乳歯がすでに虫歯でダメになっていた場合、永久歯を適切な位置へ誘導が出来なくなったり、永久歯自体が生えてこなくなる場合もあります。

2つ目は、乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保する役割も担っています。
虫歯で乳歯を抜いてしまった場合、その隙間を埋めるように、両隣の歯が寄ってきます。そうなると、永久歯が顔を出すスペースがなくなり、正しい方向に生えることができず、噛み合わせが悪くなる原因となります。

院長

これ以外にもまだまだお子様の歯に対する間違った認識が存在しますし、お子様の歯を守るための適切な手段をご存じない方が多くいらっしゃいます。
お子さんが成長するまで、歯を守ることができるのは親御さんしかいません。
当院で一緒に楽しく学んでいきましょう!!

取組み5虫歯予防のために行っている当院の取り組み

大人の場合、歯質が成長とともに丈夫になっているためすぐに虫歯が進行することはありません。しかし、子供は免疫力が低く、かつ、歯質もまだまだ弱いため、虫歯が一気に進行し、いわゆる「みそっ歯」と呼ばれる、黒くボロボロの歯になってしまうのです。

このようなことを防ぐため、歯科医院では抵抗力の強化として、次のことを行っています。

  • TBIとよばれる歯磨き指導
  • 虫歯になりやすい歯の溝を埋めるシーラント填塞(てんそく)
  • 虫歯予防効果のあるフッ素塗布

上記についてそれぞれご説明いたします。

TBI(歯磨き指導)

TBI(歯磨き指導)

子供が歯磨き好きになるように指導します。

虫歯が多発する部位は、下記の3ヶ所です。
(Ⅰ)歯と歯の間
(Ⅱ)歯と歯茎の境目
(Ⅲ)歯の溝

TBI(歯磨き指導)では、(Ⅰ)と(Ⅱ)から発生する虫歯を防ぐための効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。

シーラント填塞(てんそく)

上記(Ⅲ)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは汚れを取り除くことは出来ませんので、虫歯になってしまう事が多い部位です。この溝をプラスチックで埋めることで汚れが溜まらないようにする虫歯予防法がシーラント填塞です。乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。
なお、使用するのは虫歯治療の際に詰め物として使う「レジン」という素材なのでご安心ください。

フッ素塗布

フッ素塗布

「フッ素」とは、歯質を強化する性質を持った物質です。
乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ素塗布によって歯質を強化することができます。定期的にフッ素塗布を行い、虫歯に負けない丈夫な歯を作りましょう!!

その他、虫歯を防ぐための「食生活の指導等」も行っています。
そして、「妊婦」さんには、これから生まれてくるお子様のお口の健康を守るために、妊娠中に行っておく必要があること、出産後に気を付けるべきことなどの情報提供も積極的に行っていますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

最後になりますが、虫歯を防ぐための口腔環境作りは、3歳までが勝負なのはご存知でしたか?虫歯は感染症の一種です。つまり、3歳までに感染する機会をお子様に与えなければ、その後、虫歯菌が入ってきたとしても簡単には感染しなくなるのです。これは世界的な統計でも実証されています。

虫歯の全くない子供たちをたくさん育てるには、0歳からの歯科医院でのメンテナンス習慣が非常に大切になります。お子様を虫歯0で育てることはお子様への素敵なプレゼントだと当院では考えています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料相談
  • インターネット予約

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-4-18 コモディイイダ川口東口店1F

JR川口駅「東口」徒歩2分

048-240-2525にこにこ

診療のお知らせ
AM10:00〜PM13:00
PM15:00〜PM20:00×××××
PM15:00〜PM20:30×××
PM14:30〜PM18:00××××
  • ※祝日のある週の木曜日は午前から終日診療致します。
  • ※金曜日、祝日ですが、都合により診療させて頂く事もございますので、診療所前の掲示板、又はお電話にてお問い合わせください。

このページの先頭に戻る